矯正歯科

矯正歯科

不正歯列の影響

  • 見た目が良くない
  • むし歯、歯周病になりやすい
  • 歯の清掃、手入れがしにくい
  • 奥歯に負担がかかる
  • つめ物、かぶせが壊れやすい

歯の喪失につながる

歯列矯正が必要

不正歯列(歯並びの異常)

八重歯
八重歯
オープンバイト
オープンバイト
上顎前突
上顎前突
下顎前突
下顎前突

矯正治療必要なのは、子どもだけではありません。

成人でも、オープンバイト・下顎前突・上顎前突などのような不正歯列であれば、矯正治療の適応になります。
また、歯を喪失して、歯牙の移動がおこっている場合も、矯正治療が必要となってきます。

矯正治療の適応

  • 矯正治療が必要なのは、子供だけではありません。
  • 前述したように、成人でも、歯牙の叢生、オープンバイト、下顎前突、上顎前突などのような不正歯列であれば、矯正治療の適応になります。
  • また、歯を喪失して、歯牙の移動がおこっている場合も矯正治療が必要となってきます。
  • 80歳まで生きると考えたら、40~50歳からでも矯正治療は遅くはないのではないでしょうか?

矯正治療

利点
  • 綺麗になる
  • むし歯、歯周病になるリスクが減る
  • 奥歯にかかる負担が減る
  • 歯の寿命が延びる
  • 咬み合わせが良くなる
  • 口元が変わる
欠点
  • 高額な治療費
  • 違和感
  • 見た目
  • 舌感が悪い
  • 食事しにくい
  • 長い治療期間
  • お手入れ
  • むし歯

マウスピース矯正

利点
  • 装置が目立たない
  • 装置の取り外しが可能
  • 金属アレルギーがない
欠点
  • 誰でも出来るわけではない
  • 治療費が割高
  • 来院回数がかかる

舌側矯正

治療の流れ オープンバイト

利点
  • 目立たない
欠点
  • 誰でも出来るわけではない。
  • 舌にふれるため喋りにくい。
  • 治療費が割高

病例

反対咬合(うけ口)

下あごの前歯が上あごの前歯より前に出ている状態です。

反対咬合(うけ口) 反対咬合(うけ口)
Crowding non ext(乱ぐい歯)歯を抜かずに治療した場合

あごの大きさが歯に対して小さいので歯が凹凸になっている状態です。

Crowding non ext(乱ぐい歯) Crowding non ext(乱ぐい歯)
crowding(乱ぐい歯)歯を抜いて治療した場合
crowding(乱ぐい歯) crowding(乱ぐい歯)
空隙歯列
空隙歯列 空隙歯列
ご予約・お問い合わせは
TEL.072-685-4618 急患は随時受け付けています
土曜日、日曜日も診療しています